人気漫画『女の園の星』4話のネタバレを書いていきます。

試し読みはこちら

女の園の星 ネタバレ4話

いつの間にか「ポロシャツアンバサダー」というあだ名を付けられていた小林先生ですが……

変なあだ名

いつもポロシャツを着ているため、勝手に「ポロシャツアンバサダー」に就任させられた小林先生。そのことを星先生に報告します。

適当な返事をする星先生。彼も同じシャツを着ているため、裏であだ名が付けられているかもと思うのでした。

実は一時期「無印良品」というあだ名を付けられていたと言う星先生ですが、特に気にしていない様子。

いつも同じシャツを着ている星先生に、小林先生は謎の妄想をするのでした……

飲みに行く星先生と小林先生

小林先生は星先生を食事に誘います。星先生は適当に返事をするものの、なんだかんだで一緒に行くことに。

店員を呼ぶためのピンポンが無いことに気付いた星先生は、小林先生に無言のプレッシャーを送ります。星先生は店員を呼ぶのが苦手なもよう。小学校で教えていた頃はよく声が通ったようですが……

星先生は小林先生に休みの日何をしているのか聞きます。彼から返ってきたのは意外な答えで……

酒が入った星先生は?

店員が注文を間違い、トマトジュースでなくトマトハイが出てきました。せっかくなので飲むことにした星先生。

するといつもの彼とは違い、よく笑うようになりました。しかししばらくすると今度は謝ってばかりの状態に……

翌日、二日酔いで不調の星先生。彼が教室に入ろうとすると、なぜかあだ名が「秘伝のペット」になっていたのでした。

女の園の星 感想4話

シュールなギャグがいい感じですね。

先生にあだ名が付くのはどの学校でも共通でしょう。場合によってはとんでもないあだ名が付くことがあるので、そういう意味では小林先生も星先生もまだましだと思います。

酒が入ると人間の本性が出るとはよく言いますが、星先生も例外ではなく。小林先生との仲の良さがわかるエピソードでした。

ちなみに最後のあだ名の由来は読めばわかります。

女の園の星をお得に読む方法

女の園の星をお得に読むには以下のサイトがおススメです。